キャビテーションについて

キャビテーションとは

「切らない脂肪吸引」と言われるキャビテーション。
キャビテーションとは、空洞現象とも言われ、液体の流れの中で圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象のことを言います。
エステや医療機関で行われるキャビテーショントリートメントとは、この気泡の破裂の衝撃によって、脂肪の燃焼を促進する痩身法。
これまでのように、美容整形手術によって脂肪を吸い取るのではなく、人の耳に聞こえない高い周波数の音波を利用して、部分的に脂肪細胞とセルライトを破壊し分解して行きます。
超音波キャビテーションは、切ることなく安全にダイエット出来る方法として、人気が高まっています。

このキャビテーション、二の腕やお腹、太ももなど、部分痩せが可能で、さらに即効性があることで、さらに注目が集まっています。
旧来のエステ用超音波機器に多く見られるのは、周波数が1~3MHz。
このような高周波は主に表皮組織の層に働きかけるため、フェイシャルスキンケアなどで使われています。

それに対し、近年登場したボディケア用の超音波機器は18~40KHzの低周波を使用しています。
これは更に深い脂肪層に到達します。このため、ダイエットなどのケアに使われています。

キャビテーションによる痩身施術のメリット

1 リバウンドしにくい
2 太もも・腹部などの脂肪の多い箇所に効果的
3 これまでのセルライトケアなどのように、施術時に痛みや火傷、うっ血を伴うことがなく、安全。

キャビテーションは医療機関でも採用されている技術であり、血管や皮膚、筋肉、内蔵等に影響を与えないということが検証済みです。

キャビテーションの使い方は、超音波を脂肪の多い部分に当て、リンパに沿って流すだけ。
基本を押さえれば意外に簡単です。

cabi1
cabi2

ラジオ波とは

単に皮膚の表面を温めるだけの従来の温熱器とは違い、高周波のラジオ波は、皮膚や脂肪の奥深くまで届き、電子レンジのように体内の水分などを振動させて、熱を発生させます。体自身が内側から熱を発生させて温まるので、体全体で熱が3~5℃、局所的に7℃まで上がり、血行やリンパの流れがよくなり、脂肪や老廃物の排出を促進させると言われています。

身体の深部から熱が発生し、頑固な内臓脂肪も分解されやすくなります。
新陳代謝が促され、内臓が活性化、便通の改善、疲労回復をはじめ、毒素、老廃物の排出が進み、痩せやすい体質になることも期待できます。
また、ラジオ波はコラーゲンやエラスチンの生成を促すので、シワや肉割れを軽減させ、肌のハリやツヤを蘇らせてくれます。

キャビテーション+ラジオ波

キャビテーションは脂肪を乳化させることはできますが、排出させることができません。
ラジオ波は、脂肪等老廃物を排出させることはできますが、脂肪をなくすことはできません。
2つを合わせると、キャビテーションの超音波で脂肪を粉砕し、高周波のラジオ波によって、リンパの流れを良くして、乳化した脂肪を流し、また生成されたコラーゲンやエラスチンの効果で、美しく痩せることが可能になるのです。

当店ではキャビテーション機器の販売も行っております。
ご興味のある方は、「ご予約・お問い合わせ」ページからお問い合わせください。